導入・効果

◇営業活動の省力化、商談回数の増大


・初期アプローチの自動化と、関心のある顧客を発見して指令を出すことで営業マンを企画と対人折衝に集中させることができます。
 より多くの確度の高い販促と商談を実施できます。


・入力を最小化(メール文章、商談結果)し、顧客のWEBサイトからの反応を自動収集・解析するため、
 負担少なく、活用が定着できます。

◇内部牽制、商談をチームで共有


・獲得した営業情報の進捗、アプローチやクロージング、商談停滞を社内共有し、早期決着を促します。

◇受注確度UP、顧客とのコンタクト増大


・見込情報増加、タイムリーなアプローチにより受注確度をUPさせます。


 
Copyright(C) Since 2010 WEBMAN. All rights reserved.